Contact

CONCEPT

株式会社ヤマザキ+NORIKO HASHIDA DESIGN

座卓や低い机で作業するとき、腰の負担を減らす
座面に傾斜をつけた「前傾姿勢」で座れます。
スペースを確保しにくい日本の住空間で、姿勢を
ケアする機能性、座り心地、コンパクトさを追求
したフレックスな椅子です。

PRODUCT

日本の座具である座椅子のリクライニング技術とクッション構造を
応用して開発しました。

作業だけでなく、くつろぎや休息までさまざまな姿勢をケアします。

MOTION1

台座部は作動範囲を一定の角度内に納めることで、前後方向の転倒を防止しています。

MOTION2

前後ともにリクライニングすれば、立ち座りしやすい座面の高さにできます。大学との共同研究から開発した内部クッション構造は特許を取得しています。

DETAIL1

椅子本体:①②背もたれの角度を一番立て、頭部と脚部は角度をつけない状態。
台座部:①前後とも角度をつけない状態。②前後とも角度を上げた状態。

DETAIL2

椅子本体:③④頭部・背もたれ・脚部を 同じ角度に調節した状態。
台座部:③前後とも角度をつけない状態。④前後とも角度を上げた状態。

DETAIL3

椅子本体:①②背もたれの角度を一番立て、頭部と脚部は角度をつけない状態。
台座部:①前後とも角度をつけない状態。②前後とも角度を上げた状態。

パソコン操作時の姿勢の違い

台座部分は床と水平
従来の座椅子と同じ状態。脚を伸ばした姿勢。

台座後方の角度を上げた状態
脚を伸ばした「前傾姿勢」。

あぐらの姿勢

あぐらの「前傾姿勢」

「前傾姿勢」では背もたれが背中から離れず、しっかりと支えて姿勢をケア

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

日本の住空間は、椅子を用いないで座る文化であったが、 日本人も徐々に椅子やテーブルに馴化し、住空間が急速に変化 している。
一方で、和の空間で、安楽な姿勢をとりたくても それに応える家具がない。
より自在で心地良い姿勢を支える 家具が求められているのだ。 研究の意義と熱意が十分評価できると考えた。

GALLREY1

GALLREY2

GALLREY3

SPECK

サイズ (約)幅52×奥行き75~122×高さ76~86(cm) 座面の高さ17~25(cm)
重量 (約)10(kg)
材質 構造部材:スチールパイプ クッション材:ウレタンフォーム・ポリエステルわた
張り生地 ポリエステル 100%
梱包サイズ 幅54×奥行き122×高さ23(cm) 3辺合計199(cm)
梱包重量 (約)12(kg)
リクライニング 本体:頭部無段階・背部41段階・脚部6段階 台座部:前後とも6段階
JANコード ブラウン 4984522992455
グリーン 4984522992462
オレンジ 4984522992479
メーカー希望小売価格 本体価格 52,500円(税込56,700円)

詳細WEBページはこちら

詳細な企画書はこちら(PDF)

グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページは下記となります。
http://www.g-mark.org/award/describe/45239?token=sGP0pvVBH1